ろっこう医療生活協同組合
HOME 機関紙ダウンロード 求人情報
ろっこう医療生協とは 医療サービス 介護サービス 健康づくり 組合員活動 リンク
新着情報

2018年03月22日

3月21日「河東けい ひとり語り 〜多喜二の母〜」400人が参加

珠玉の語りに甦る「母」
河東けい「ひとり語り」に400人

ろっこう医療生協が中心となって実行委員会が取り組んだ公演「河東けい ひとり語り 母」が3月21日、コープこうべ生活文化センターで開催され、定員満席の400人が参加し、大盛況となりました。
憲法の危機が叫ばれる今の社会状況を反映して、チケットは3月上旬には完売となるほど反響が大きく、さらに河東けいさんが92歳で今なお現役女優ということで、とくに高齢の女性の中にも多くの共感が広がりました。
河東さんは、昭和8年に言論、思想弾圧により犠牲になった作家・小林多喜二の母、セキの一生を迫真の語りで甦らせ、ひとりの母としてひたむきで懸命に生きる姿を演じました。
参加者の中には涙をぬぐう姿もあり、「あらためて今の社会と向き合って、生きていく」との声も聞かれました。

会場パノラマ.jpg
posted by ろっこう医療生活協同組合 at 18:42| 平和活動
Copyright2006 ろっこう医療生活協同組合  All Rights Reserved.